ホーム >測定・分析 >

大気測定

大気環境を保全するため、大気汚染防止法が昭和43年に制定されました。

同法は大気汚染に関して、国民の健康を保護するとともに、生活環境を保全することを目的としております。


人の健康を保護し、生活環境を保全するうえで維持されることが望ましい基準として「環境基準」が環境基本法において制定されており、この「環境基準」を達成することを目標に、大気汚染防止法に基づいて規制を実施しております。

大気汚染防止法では、固定発生源(工場や事業所)から排出される大気汚染物質について、物質の種類ごと、排出施設の種類・規模ごとに排出基準等が定められており、大気汚染物質の排出者はこの基準を守らなければなりません。


サイエンスでは、大気汚染物質の検査測定、および、揮発性有機化合物(VOC)の測定も行っております。

大気汚染物質の検査測定は、サイエンスまでお気軽にご相談ください。


■ 煙道排ガス測定

ばいじん 硫黄酸化物
窒素酸化物 カドミウム
ふっ素
塩素 塩化水素  ほか



▲このページの先頭へ