ホーム >測定・分析 >

臭気測定

悪臭防止法とは、工場やその他の事業所における事業活動に伴って発生する悪臭を規制することにより、悪臭防止対策を推進し、生活環境を保全、国民の健康の保護に資することを目的として昭和47年7月1日に施行されました。


評価方法は、悪臭の原因となる典型的な化学物質(特定悪臭物質)の濃度による規制と、種々の悪臭物質の複合状態が想定されることから物質を特定しない(臭気指数)を用いる規制の2種類があります。


都道府県知事(政令市長)は、評価方法をどちらかに指定し、それらが悪臭として環境に支障を与えない程度となるよう規制基準を以下の3つの箇所について政令の定める範囲内で規制します。

  1. 敷地境界線
  2. 気体排出口
  3. 排出水

サイエンスでは悪臭の原因となる、特定悪臭物質の濃度測定から臭気指数による評価まで、悪臭の検査分析を行っております。

サイエンスまでお気軽にご相談ください。




▲このページの先頭へ