ホーム >測定・分析 >

産業廃棄物分析

産業廃棄物が特定産業廃棄物に該当するか否かを判別するために分析が必要となります。

分析の結果が判定基準から外れたものは、特定有害産業廃棄物(特定管理産業廃棄物)として取り扱われることとなります。


産業廃棄物分析は、サイエンスまでお気軽にご相談ください。

産業廃棄物とは?

事業活動に伴って生じた廃棄物であって、次に示す燃え殻、汚泥等20種類のものです。

燃え殻 汚泥
廃油 廃酸
廃アルカリ 廃プラスチック
紙くず(特定業種から排出されるもの) 木くず(特定業種から排出されるもの)
繊維くず ゴムくず
動植生残渣
(特定業種から排出されるもの)
動物系固形不要物
(特定業種から排出されるもの)
金属くず ガラスくず・コンクリートくず
鉱さい 工作物の新築・改築・又は除去によって生じたコンクリート
動物の糞尿
(畜産業から排出されるもの)
動物の死体
(畜産業から排出されるもの)
ばいじん(工場の排ガスを処理して得られるばいじん) これらの廃棄物を処分するために処理したもの

特定管理産業廃棄物とは?

産業廃棄物のうち、爆発性、毒性、感染性、その他、人の健康または生活環境に係る被害を生ずるおそれのある性状を有するものを特別管理産業廃棄物として区分し、処理の方法などを別に定めています。

特別産業廃棄物は排出の段階から処理されるまでの間、常に注意して取り扱わなければならない。

燃えやすい廃油
廃酸(pH2以下)
廃アルカリ(pH12.5以上)
感染性産業廃棄物
特定有害産業廃棄物
ばいじん
(輸入された廃棄物(国内で一般廃棄物に相当するもの、国外で発生した日常生活係のもの)の焼却により生じたもの)



▲このページの先頭へ