ホーム >自然環境調査 >

森林調査

サイエンスは「森林資源モニタリング調査」、「森林吸収源調査」等の環境調査の豊富な実績により、静岡県の森林環境に通じております。

森林資源モニタリング調査

森林の整備に係る基本的な事項を定めるのに必要な客観的な資料を得ることを目的として、全国一斉に実施されている調査であり、林野庁森林総合研究所により統一した手法に基づき、継続的に調査されています。

立木の賦存状況および下層植生の生育状況を調査します。

» 詳細はこちら

森林吸収源調査

地球温暖化の二酸化炭素を森林が吸収する量を精度よく算出するために、さまざまな森林の現存量を測定する調査となります。




▲このページの先頭へ