ホーム >生活環境調査 >騒音調査 >

大店立地法届け出に係る騒音調査

「大規模小売店舗立地法」では、1,000㎡以上の売り場面積を有する店舗の新築、または増床による届け出には、騒音に係る予測と保全対策を記した環境図書の提出を義務づけています。

騒音調査の内容は、騒音の発生源となる室外機などの固定発生源と、来客および搬入車両などの移動発生源に大別します。

そして、それらから周囲の住宅及び敷地境界における事業活動の騒音の影響を予測し、事業者の実施する環境保全対策を勘案して評価するものです。


届け出に係る騒音調査及び環境図書の作成に際しては是非サイエンスにご相談ください。

年間10物件を超える調査実績があります。




▲このページの先頭へ